美術品の審美眼

《美術品の審美眼  第6回》

その時点で、美術品に関する興味は以前とは格段に備わっている筈です。美術に関する知識にしても芸術的な地頭が出来上がっていれば、文化勲章クラスの画家の名前、日本古美術史に名前の残っている江戸以前の巨匠画家の名前、重要無形文化 …

《美術品の審美眼  第6回》 もっと読む »

《美術品の審美眼  第2回》

骨董品の審美眼を養う方法は、前回にお話したように、実際の売買が一番効果がある。売り買いを一切しない蒐集家は、その品物の骨董品市場での適正な市場価格がいつまでも判明しないので、贋作だったり、高く買い過ぎていた事の苦しみを味 …

《美術品の審美眼  第2回》 もっと読む »