店師

骨董屋の種類さまざま 《店師 3》

一等地に店を構えている茶道具屋の店師には、代々商売を継承している事が多い。息子から孫へ連綿と続く。 それから、丁稚制度的な従業員を雇っている場合もある。 いわゆる骨董屋修行である。こらは、正直言ってかなり厳しい仕事だ。勿 …

骨董屋の種類さまざま 《店師 3》 もっと読む »

骨董屋の種類さまざま 《店師 4》

一等地に店を構えるお茶道具屋系の骨董品屋以外にも、いろいろな骨董屋が存在する。その一つがガラクタ的な戦前より古い生活雑貨屋、伊万里焼の印判皿などの雑器、コレクションアイテムやグッズ物と呼ばれるマニア蒐集品などを売る店であ …

骨董屋の種類さまざま 《店師 4》 もっと読む »

骨董屋の種類さまざま 《店師 2》

1枚5000円の小売相場に上昇した伊万里焼の桃皿は、現在の小売相場では、どんなに売れても500円~1000円がいい所。 しかも売れたらである。たぶん、誰も買わない・・・・。 値段を付けるのは、その骨董品屋の自由裁量である …

骨董屋の種類さまざま 《店師 2》 もっと読む »

骨董屋の種類さまざま 《店師 1》

骨董屋の種類に関して話そう。まず、店師と呼ばれる、店舗を構えて商売をしている骨董屋が居る。 場所は、東京なら青山の骨董通りか銀座もしくは、京橋の辺り。店舗はどこも比較的小さい。扱う品物は、基本的にはお茶道具と唐物(中国骨 …

骨董屋の種類さまざま 《店師 1》 もっと読む »