骨董品買取専門 選んでいただき20余年
マルミ工藝社

その買取価格、損をしているかも!?
マルミ工藝社なら正しい査定で後悔させません


【お知らせ】
直接お伺いしなくても、リアルタイムオンラインで鑑定・査定・買取を実施しています。先ずはお気軽にお電話ください!
※skype又はzoomでお繋ぎします

聞いてみるだけ大歓迎!直ぐにお電話ください。
営業時間:8:00~22:00

フリーダイヤル

お急ぎの方はこちら

マルミ工藝社のサービス

全国どこでも無料出張

遠方でも一切費用は発生しません。 何があっても完全無料 東京・神奈川県なら即日のお伺いも可能
※離島は除く。北海道、沖縄は要ご相談。

相場の上限価格買取

様々なジャンルの骨董、美術品を中心に高額買取します。

即日現金買取

査定額にご納得いただけましたら、その場で現金買取させていただきます。

年中無休

365日、全てのお問合せに丁寧、迅速にきちんと対応します。
お気軽にお問合せください。
※お正月、お盆休み等でご実家に帰省された折にも、ご用命ください。

マルミ工藝社の想い

~お客様のお役に立ちたい~

マルミ工藝社は1994年8月の創業以来、20余年。 骨董商として、骨董品を専門に確かな鑑定眼でお客様の大切な品物を鑑定・査定・買取をしてきました。 引っ越しのお片付け・ご親族の家の片付け・遺品整理・コレクション整理・蔵の解体整理など「古物の整理でお困りの方」もお気軽にご連絡ください。 骨董品はもちろん、『こんな物まで』と思う物まで買い取り対象になる事もありますので、まずは処分の前にお気軽にご相談ください。

買取リスト

マルミ工藝社では様々な骨董品を買取しています。

ご実家、空き家の整理や蔵や倉庫の整理をしている際に出てきた一見、ガラクタに見える品物でも案外高値が付く場合があります。

ここでは、マルミ工藝社の買取リストを公開しています。
それぞれの骨董品の現在の相場感も詳しく掲載していますので是非、ご参考にしてください。

熊谷守一/買取金額:18万円

絵画

木版画 /油彩画/水彩画/日本画​

DSC_0739_1-min-2.jpg

掛軸

大和表具/文人表具/茶掛表具等

DSC_0947-min.jpg

茶道具

鉄瓶/銀瓶/茶托/茶碗

DSC_0100-min.jpg

作家物の陶磁器など

陶磁器/漆芸/金工/木竹工芸

日本・中国・朝鮮の骨董品

玉器/青銅器/陶磁器/掛軸/置物

3-日本刀.jpg

武具

刀剣/鎧/兜/軍装品/勲章

DSC_0834_2-min.jpg

置物・調度品

木彫/ブロンズ/壺/香炉

DSC_0043-min.jpg

書道具

硯/墨/印材/筆/水滴

古銭・切手・封書画像

古銭・切手・封書

大判/小判/記念硬貨/金貨・銀貨・銅貨/封書/紙幣/古切手

DSC_3938-min.jpg

蔵の中の諸々

レトロ玩具/ブリキ/ソフビ/超合金/鉄道模型/古書等

買取実績

昔はどこにでもあった一見価値のなさそうな中古品… でもマルミ工藝社なら、現在市場に出回っていないからこそ、それらを意外と高額な値段で買い取れるかもしれません。  気になる骨董・美術品はありませんか?処分する前にぜひ一度当社までご連絡ください。

代表的な骨董・美術品の最近の相場

ここでは「絵画」「掛軸」「茶道具」「陶磁器」「日本・中国・朝鮮の骨董品」「蔵の中の諸々(ガラクタ)」の最近の買取相場や市場の動向をご紹介します。
ご売却の際のご参考にして頂けると嬉しいです。

絵画買取・売却のポイント

リーマンショックで値下がった絵画の相場は、戻るどころか下がり続けています。
絵画は売るなら・・・

詳しくはこちら

掛軸買取・売却のポイント

日本画は下落傾向ですが、中国の人気作家や古い絵画は人気があります。
掛軸は 売るなら・・・

詳しくはこちら

茶道具買取・売却のポイント

現在はお茶を習う人口が激減して、買取相場は下がっている。
人気が高い作家物は高価買取の対象に・・・

詳しくはこちら

陶磁器(作家物)買取・売却のポイント

作家物と呼ばれる工芸品は、文字通り作家が製作した陶磁器・漆芸・金工・木竹工芸などの人間国宝に代表される作品の事・・・

詳しくはこちら

日本・中国・朝鮮の骨董品買取・売却のポイント

何気なく床の間に置かれた木彫りの置物、青銅器、香炉、明治時代の手紙・浮世絵版画・仏像などが人気

詳しくはこちら

蔵の中の諸々

蔵の中には、その家の代々の品物が混在して仕舞ってあります。
一見、ガラクタの山に見えてもひょこりと高額査定の品物が・・・

詳しくはこちら

遺品整理、片付け、蔵の解体のお悩み解決します!

マルミ工藝社代表の細川は、骨董品売却アドバイザー以外にお客様のお困りごとを解決できる様に3つの資格を保有しています。
ご安心してご相談ください。

<遺品整理アドバイザー><終活カウンセラー><空き家相談士>

ご実家、空き家の整理や蔵や倉庫の整理をしている際に出てきた一見、ガラクタに見える品物でも案外高値が付く場合があります。

骨董品買取までの流れ

STEP1

お問合せ
電話・メール・LINEなどでお気軽にお問合せください
※相談レベルでも大歓迎です

STEP2

ヒアリング
詳しい内容をお聞かせください

STEP3

訪問日決定
お伺いする日程を決定します

STEP4

鑑定・査定
訪問してご説明をしながら査定をします

STEP5

買取
その場でご売却決定していただいた場合は現金でお支払いします

マルミ工藝社代表ご挨拶

マルミ工藝社代表 骨董鑑定士の細川 賀津雄と申します 全国各地への出張買取りはもちろん、評判が良くおすすめできる他の骨董商や、古美術品オークションのご紹介など… 骨董品買取・鑑定・査定、売却方法、その他どんなことでも、あなたのお役に立てることがあればできる限り対応させていただきます。 何なりとお声掛けください。

マルミ工藝社のこだわり

  1. クレーム″ゼロ″宣言! お客様のご希望を最優先に考え、ご要望に沿った最適なプランでご満足いただけるよう、弊社アドバイザーには徹底した教育を行っております。
  2. 信頼 鑑定歴20余年。 5000軒以上の査定、鑑定実績。35人の士業の先生(弁護士、司法書士、行政書士)から、美術品鑑定を依頼されています。 査定額の根拠も丁寧にご説明します。 『骨董品整理アドバイザー』『終活カウンセラー』『空き家相談士』の資格を持つから、遺品整理やご実家の片付けの相談も喜んで訊かせていただきます。
  3. 安心スタッフ 代表を始めとした信頼できるスタッフがお伺いします。
  4. 遠方でも買取が成立しなくても無料 骨董品買取は勿論、ご実家・空き家の片付け、整理等で全国に無料でお伺いします。 電話、メールでお気軽にご連絡ください。

ご売却いただいたお客様の声

隅々まで5時間もかけて査定

★★★★☆
明治時代からの蔵を整理していただきました。 主人が元気な時に、一度整理した蔵だったので、今回はマルミさんに買っていただける品数は、それほど沢山ではありませんでしたが、隅から隅まで5時間もかけて査定していただき、処分しようと考えていた品物まで値段を付けて買取っていただけたので、助かりました。 有り難う御座います。
K.K. 山形県

部屋が綺麗になりました!

★★★★★
今日は、有り難うございました。 亡くなった父親のガラクタを、買い取っていただいたばかりか 値の付かなかった物も無料で片付けていただいて感激です。 物で埋もれて使えなかった部屋が、見違えるように綺麗になりました。 母が大喜びしてます。
T.K. 福島県

安心して取引できました

★★★★☆
美術品買取のネット検索より、貴社のHP、プロフィールを拝読し、電話で依頼しました。 お電話から、買い取りまで、終始丁寧なご対応を頂き、安心してお取引ができました。 一般的な絵画、作家陶器物等は、お買取り頂けないものもありましたが、骨董一点のみの買い取りでも、気持ち良くご対応くださり有り難く思いました。 また、機会がありましたら、是非お願いしたいと思います。
E.O. 愛知県

骨董品買取に関するよくあるご質問

ご安心ください。骨董品や美術品ではなく、一見ガラクタに見える埃を被った物でも買い取らせていただける事はたくさん有るものです。
また弊社は、聞いてみたいだけのお客様も大歓迎です。

慣れない骨董品の売却作業。電話するのにも『何だか不安』と思われるお客様は多いはず。でも心配いりません。できる限りお客様がご不安に思われない様に、細心の心構えでお電話を受けさせていただきます。

ですからどんな事でもお電話いただいて結構です。
当方でわかる事でしたら、何でも丁寧にお話させていただきます。

Load More


はい、可能な限りご説明いたします。

マルミ工藝社では、『なぜ高額なのか』 『どうして低額査定または査定価格が付かないのか』きちんと説明して ご納得いただけた場合のみ買い取らせていただきます。

ただし説明するほどの特徴のない物や、近年に制作されたインテリア工芸品 などの説明の必要がないと判断した場合は『○○なので説明が不要な品物です』とお話させて いただく場合もございますがご了承ください。

Load More


買取り査定担当スタッフのスケジュールが空いていれば、当日お伺いする事も可能です。

取り敢えずお電話でご希望の日程をお知らせください。

Load More


殆どの場合《買取り査定担当責任者の細川》がお伺いいたします。

《細川》がお伺い出来ない場合でも、査定キャリア20年以上の社会人としても 経験豊かな穏やかなスタッフがお伺いさせていただきますので、安心してご依頼ください。

Load More

骨董品買取専門 マルミ工藝社

なら お宅に眠っている品物も買取対象になるかもしれません!

骨董品査定・鑑定・買取

全国どこでも出張無料

※北海道・沖縄・一部離島の方は一度ご相談ください。
そのガラクタ、捨てると後悔するかもしれませんよ。

解体、リフォーム、建替えの際にでたガラクタが、思わぬお宝になる可能性があります!

「ん!?」と思ったらマルミ工藝社までお電話ください。
ご面倒はお掛けしません。
全国どこでも駆け付けます。

聞いてみるだけ大歓迎!直ぐにお電話ください。

営業時間:8:00~21:00

フリーダイヤル

お急ぎの方はこちら

FAX:03-6339-0739
買取責任者:細川まで

24時間受付
お気軽にご相談ください

一先ず、簡単査定

骨董屋ブログ

  • 骨董品買取の旅 北陸編 その3

    夜中に海岸べりの公共駐車場で寝ていると、夜間巡回のパトカーに 職務質問されたりする。 「コンコン」 僕は、窓を開ける。 「こんな時間に何してんの?」 「ただ、寝てるだけです」 「・・・・・・・」僕の車の荷台を、大きな懐中電灯でねめつけるように照らす。半分、寝ていたので、とても気分が悪い。 警官も、何が怪しいのか判らないけど、取り敢えず怪しんでおいた方がいいかなって雰囲気の怪しみ方だ。 「なんすっか?」 「いやね、こんなトコで寝てると夜中に暴走族に襲われてりするからさ・・・・まっ、気を付けてね」 パトカーは、ゆるい捨て台詞を吐いて行ってしまった。 その時の僕は、生きていく事だけで精一杯で、北陸の暴走族には何も怖さは感じなかったし、その時は雪こそ降っていなかったが、11月の終わりだ。日本海の初冬の寒さは、東京の真冬だ。暴走族なんて走れる温度じゃない。 なんか全てがどうでも良くなって、首から鎖骨の辺りがザワザワして、そのまま風に揺られて朝まで寝た。 翌日は、金沢市内の二口市場の近くの、城宝骨董市場に行った。 金沢では有名な市場だ。ウブ出し屋が大勢参加していて、旧家の蔵から出して来る骨董品は、どれも埃や蜘蛛の巣まみれで、嬉しくなる。 金沢は戦時中は連隊が5つも有ったのに、空襲の被害には殆ど合わなかったから、当時古い物は沢山残っていた。 骨董品や古道具は、勿論その地域に拠って特色が全然違い、金沢は典雅な品物が多い。蒔絵の漆器でも九谷焼でも、どれも絢爛な意匠のものばかりだ。連隊が5つ有ったので、軍隊の装備品や連隊内の売店で売っていたお土産の徳利やお猪口などは山ほど出て来る。 これらは、不思議と厳めしさは無く、可愛らしいイラストが描いて有ったりして当時の骨董市などでは人気商品だった。 関東の骨董市に持って行くと、横田や座間のベースの軍人さんがまとめて買って行った。聞くと、米軍のカーゴに乗せて本国に送ってしまえば、送料は掛からないし、アメリカの軍物オークションに出品すると10倍で売れたんだそうだ。そりゃまとめて買うな。 京都の市場はとことんクールで、東京から僕が行っても誰一人話し掛けるどころか、視界にも入って居ない様子で、殆ど透明人間のような気持ちに襲われるが、同じ古都の金沢なのに、城宝骨董市場では、皆がニコニコと話し掛けて来てくれた。とても人懐っこい。 「帰りに店に寄んなよ、お茶出すから、東京の話してよ」とか「泊まるなら、うちにどうぞ、夕飯は魚旨いの出すよ」などと言ってくれる骨董業者まで居て、とても楽しい会だった。 金沢は大好きな街だ。
  • 骨董品買取の旅 北陸編 その2

    骨董品の買取の旅を始めて、既にもう20年以上になる。 日本中、沖縄を除いて殆ど行った。 富山は山の中の集落まで隈なく訪ね歩いた。隠れ里のような集落も有って、森の中の一軒家に、かなりご高齢の男性が一人で住んで居て 何故か不二家のポコちゃん人形を一つ買わせて頂いたりした。 (ペコちゃん人形も人気だが、ポコちゃん人形はずっと希少価値があり、大人気商品だった) 富山は九谷焼の産地に近いので、実に見事な九谷焼の逸品が何気なく民家の台所にあったり、高蒔絵の塗り物のお椀が、戸袋の中に埃まみれになって無造作に置かれていたり。 関東では見れない品物をそこかしこで見る事が出来て、僕は夢中になって富山県内を走り回った。 富山では骨董品市場にも幾つか顔を出した。山寺の本堂でひっそり開催されている市場などもあり、参加しているのも麓の昔からのお爺ちゃん骨董屋ばかりで、旗師の荷物に(旗師とは、市場で仕入れた品物を別の市場へ持って来て売って利ザヤを稼ぐ骨董屋で、各地の相場に精通しているプロ中のプロ達だ)誰も声を出さずに、僕だけが「ハイ、ハイ」言って(最初に振り人の発句に対して競り上がらずに、ハイの一言で買う事)買いまくったりした。 その頃は、お金が無かったので、ホテルにも泊まれずに、日本海の強風が吹き捲くる海岸沿いの公共駐車場に車を止めて、寝たりもしていた。吹き捲くる風は、朝まで僕の車を揺らし、なんだか悲しくて、寂しくて、心細くて堪らなかったのを覚えている。
  • 骨董品買取の旅 北陸編 その1

    骨董品の買取の旅を始めて、既にもう20年以上になる。 日本中、沖縄を除いて殆ど行った。兵庫県まで行って日帰りなんて 事もあった。走行距離は、およそ1100キロ。不思議な事に往路だけだと、とても1日に1100キロは一人の運転では走れないが、往復だと走れてしまう。実際は、復路の静岡市辺りで疲労は限界を迎え 音を上げそうになるのだが、もうあと200キロと思うと 「ええぃ、中途半端に泊まるより、帰って自宅で寝よう」そう思う気持ちが強くなって、気力で200キロは走り切ってしまう。 もっとも御殿場辺りから用賀まで渋滞していたりしたら、もちろん諦めるが。 さて、それぞれ骨董品の買取りで訪れる地域には特色がある。県民性というかお国柄と言うか。 ただし、同じ県でも海側と山側と内陸部では、気性や方言がまるで違う県もある。 北陸でも、富山と石川とでは全然違し山手と海側ではまた違う。 20年以上前に、僕が初めて、買い出し(旧家や土蔵から直接骨董品屋や古道具を買取して来ることを買い出しとかウブ出しと言う)させて頂いたのは、富山県の婦中町である。婦中町といえば風の盆で有名な街。当時は古い建物が沢山残っていた。(多分、今でも残っていると思うが) 始めたばかりで、まだ買い出しの為の訪問の仕方の切り口も判らずに、ただ闇雲に富山迄来たが、走りながら途方に暮れていた。 突然、土蔵のある家を訪ねても何と挨拶したらいい?怒られないか?そもそも土蔵の古道具や骨董品をそんなに簡単に売ってくれるのか?いや、そんな簡単な話ではない筈だ。 そんな事をビクビクと考えながら走っていると、一軒の廃業した雑貨屋らしき建物が目についた。 やめた店舗なら、なんとかなりそうな気がしたので、車を止めて、裏に回ってみた。しかし、人の気配はまるでしないので、どうやら住んで居ないみたいだ。仕方が無いので、隣家で聞くと快く連絡先を教えてくれた。実に親切だ。 あとから知った事だが、江戸時代から売薬で日本中を回っていた富山の人々は、他所から来た人間に対して親切な気風が有るらしい。骨董品の買い出し屋には、実に有難い県民性だ。 つづく